そのインプラントちょっと待った!

安心してインプラント治療を受けるために

インプラント治療にはリスクがあります

インプラント治療にはリスクがあります

近年、治療法の進歩に伴いインプラント治療を診療メニューに取り入れる歯医者が増えてきました。機能性と審美性に優れたインプラント治療を受ける方が増加し、一般的にもよく耳にするようになりました。

その一方で、インプラント治療は高度な技術と高額な治療費が必要なため、手術には様々なトラブルが起こる可能性があります。トラブルを避け、安全な治療を受けていただくためにも、調布市国領にある歯医者「フルセン歯科」がインプラント治療のリスクについてご説明します。

インプラント治療の危険性

インプラント治療では、歯ぐきの切開や顎骨に穴をあけるといった外科手術を伴います。そのため、インプラント治療には口腔内の状態だけでなく、からだにも適応可能か細かい条件があり、手術前に綿密な診断が必要になります。

外科手術で起こりうるリスク
神経麻痺 もっとも起こりやすいトラブルです。インプラント手術の際に、下顎の神経にドリルやインプラントそのものが触れたことにより、神経が損傷したり、圧迫されたりすると唇にしびれや違和感、痛みが残るという方がいらっしゃいます。
血管の損傷 ドリルで顎の骨に穴をあけたり、インプラントを埋入する際に誤って血管を損傷してしまうと、大量出血を起こす可能性があります。
術後の腫れ 歯ぐきを切開したり骨に穴をあけますので、術後まれに口腔内が腫れることがあります。
歯科用CTで綿密な診察を

歯科用CTで綿密な診察を

インプラントは外科手術を伴いますので、治療を受けるためには事前の検査を行い、様々な条件をクリアしなければなりません。当院では、「歯科用CT」で神経や血管が通っている位置や、インプラントの土台となる顎の骨の厚みなどについて精密に検査します。

歯科用CTを使用すれば、3次元画像で口腔内の状態を細かく把握でき、より安全かつ正確にインプラント治療を行うことができます。設備の整っている当院なら、インプラント治療への不安を解消できますので、ご検討されている方はぜひ一度ご相談ください。

「サージカルガイド」を用いた安全確実なインプラント手術

「サージカルガイド」とは、インプラントの埋入手術で顎の骨に穴を開ける際、ドリルの着地点と角度を正確な方向に導き、ドリルがぶれないように維持する医療器具のことです。当院では、より正確なインプラント治療のためにサージカルガイドを使用しています。

従来のサージカルガイドはお口の模型のみで作製しており、顎の骨に複雑に通っている血管や神経を判断するのが困難でした。当院では歯科医療CTを用いてサージカルガイドを作製しますので、顎の骨や血管、神経の位置を正確に把握し、埋入角度と深さをシミュレートして、最適な位置にインプラントを埋入できるようになりました。

適切なケアでインプラントを長持ちさせましょう

適切なケアでインプラントを長持ちさせましょう

インプラント治療とは、失った歯の機能を回復する施術です。入れ歯やブリッジに比べると非常に長持ちし、10年後の残存率が95%と言われています。ただし、これは適切なケアを行った結果であり、逆にケアを怠ると「インプラント周囲炎」というインプラントの周囲に歯周病と同じ症状が起きることもあります。

せっかく外科手術まで受けたインプラントが、周囲炎によって抜け落ちてしまう可能性があるのです。このようなトラブルを避けるためには、ご自身での丁寧な歯磨きはもちろんのこと、歯科医院でのメンテナンス、定期検診をお受けいただくことが大切です。

調布市国領の歯科医院「フルセン歯科」では、患者さんに合わせた適切なアドバイスをいたします。長持ちには適切なケア、これがもっとも大切です。

安心してインプラントをご利用頂けるように、もしものときの保険をご用意しました

当院は、治療年数や件数、実績など90におよぶ審査項目をクリアし保証機関から認定された「ガイデント認定医院」として、患者さんのインプラント治療を長期的にフォローする「インプラント10年保証システム」をご用意しております。治療後、メンテナンスを定期的に受けていたにも関わらず、万が一脱落、破折してしまった場合は、保証規約に基づき無償で再治療いたします。
そのほか、

・“突発的な事故”によるアクシデントも保証
・引っ越しをしても“全国ネットワーク”で保証
・治療を受けた医院が、移転・廃院しても保証を継続

など、10年にわたる長期期間、あなたのインプラントをフォローしていきます。

※「インプラント10年保証」は、定期的なメンテナンスをお受けいただくことが必要条件です。保証限度額、保証範囲、加入条件などの詳細は当院までお問い合わせください。