お子さんのお口ポカンは直してあげましょう

お口ポカン撃滅作戦

調布市国領にある歯医者「フルセン歯科」では、歯並びや歯の形状により習慣的に唇を閉じることができない状態、「お口ポカン」をなくす活動に力を入れています。お子さまによく見られる「お口ポカン」は、唇が閉じられないために下記のような症状が生じます。

お口ポカン撃滅作戦

この状態がさらに続くと、常に外に出ている前歯はダメージを受けやすくなるだけでなく、口腔内の乾燥により唾液の分泌が少なくなり、歯肉炎や初期虫歯を引き起こす可能性が高くなります。また、咬み合わせや歯並び、舌の位置にも大きく響き、その悪影響は様々なところへどんどん広がります。

まずは、「お口を閉じる」、「鼻呼吸をする」という2つをできるようにすることが大切です。当院では、この「お口ポカン」の悪影響を知っていただくため、近隣の小中学校で講演を行い、詳しい説明をしています。

アデノイド顔貌(がんぼう)

「アデノイド顔貌」とは、喉と鼻の奥にあるアデノイドというリンパ組織(咽頭扁桃)が口呼吸をすることで肥大し、たるんだりゆるんだりした顔のことをいいます。
常に口呼吸をしている人も似たような顔立ちになるため、アデノイド顔貌と呼ばれます。

【アデノイド顔貌の特徴】

  1. 顔の形が面長(おもなが)
  2. 上顎・下顎とも横幅が狭く、V字型をしている
  3. 上の前歯が前に出ている
  4. 上と下の前歯の咬み合わせが少ない
  5. 前歯の歯列がガタガタ
  6. 唇がめくれていてぶ厚く、常に乾燥して荒れている
  7. 鼻が小さく狭く、鼻翼が平坦で鼻孔が小さい
  8. 上顎より下顎が後ろにある

「お口ポカン」を治すトレーニング

「お口ポカン」は、「口が開いているだけ」「口呼吸しているだけ」ではなく、放置するとからだに様々な悪影響を及ぼします。しかし、適切なトレーニングをすれば改善できるものなのです。まずは、お口の周りの筋肉を鍛えること、舌のクセを治すことから始めましょう。

スポットポジション

スポットポジション

普段、口を動かしていないとき(安静時)や、飲み込んだりするとき(嚥下時)にお口の中で舌が触る場所を覚えることが目的です。「スポット」とは舌が口腔内でつく正しい位置のことで、上顎の前歯の手前にあるふくらみのすぐ後ろあたりをいいます。

1.割りばしなどで、スポットにゆっくり3秒間触れる
2.同じ場所を舌の先でゆっくり3秒触れる

舌をまるめず、尖らせることがポイントです。1.と2.を交互に5回やってみましょう。

ポッピング

ポッピング

舌を上に持ち上げて鍛えることが目的です。

1.舌全体を上顎にベタッとくっつけて、口を大きく開けます。舌小帯という舌の裏をできるだけ伸ばすように意識してください。このとき、

  • 舌先がスポットにあたっていること
  • 舌の前方、後方まで全体が上顎にくっついていること
  • 舌が上の歯の内側にあること
  • 舌全体が左右対称にくっついていること

がポイントです。口を開けるときは、下顎をずらさずにまっすぐ下に開きます。

ポスチャー

普段から舌が上顎についた状態を習慣づけることが目的です。

ストローを上の犬歯の後ろに置いて咬み合わせます。唇を軽く閉じできるだけ舌の力で上顎にストローを吸いつけるようにします。

このまま5分間、口をきかずにテレビ観賞や読書、スマホの操作などいつものように過ごしてください。ポイントは舌先をスポットに置くことです。

いーうーもー体操
いー うー もー
いー うー もー
こめかみを人差し指と中指で軽くおさえ、「いー」と言いながら前歯を見せます。 「うー」と言いながら思いきり前に突き出し唇をすぼめます。 「もー」と言いながら唇を内側に入れます。鼻の下の筋肉を鍛える感覚です。

「いーうーもー体操」は5~8回(20~30秒程度)を1セットとし、1日に2セット実践すると効果的です。

おくちポカンの原因は生活習慣にもあります。 ポイントは「着地」が大事